コンテンツへスキップ

ETCカード

仕事でETCカードを使う時、自分のものを使わなくてはいけないのかと考えることはありませんか?実際仕事に関することで自分に請求が来るのは、会社から代金を貰えるとしても気分は良くないですよね。

そのため、高速道路の利用頻度が高い企業などは、法人用のETCカードを用意していることが多いようです。仕事でETCカードを使う場合、個人のものを使うと会社のお金でポイントが入手できるということがあります。

法人ETCカードの利用が増加

これは企業的にも良くないことなので、法人用のETCカードを用意する企業が増えています。企業が法人用のETCカードを使うメリット、それは経費削減と経費精算の簡素化です。ETCカードが出てくる前は、高速道路の料金もまずは自分が支払って領主書を経理に渡すというものでした。

はっきり言って、かなり無駄が多い作業ですよね。でも法人用のETCカードを取り入れることで、割引による経費削減、経理の面倒な処理なども軽減出来ます。高速道路を使う側も、わざわざ領収書を取っておいて経理に出すという手間がなくなるんです。

ちなみに、OL時代に領収書を失くして自腹になったことがありました。意外とこのようなトラブルは多かったみたいですね。でも、ETCカードを取り入れることで領収書を失くすという心配もありません。

企業としては、ETCカードを導入することで交通費の誤魔化しを防ぐことも出来ます。昔は高速料金として事前に渡す会社もあり、それを懐に入れるために地道で取引先に向かうという人もいました。これは気軽に考えている人もいるかもしれませんが、横領になるので犯罪なんですよね。

そういったことを防ぐために、ETCカードを導入している企業もあるようです。ただし、法人ETCカードを申し込むためにはちょっとした注意点があるみたいですね。申し込み前にウェブサイトが必要ということです。法人=会社なので、本当に実在している会社なのか、実態が分かるウェブサイトが必要です。

ウェブサイトなしで審査を行って登録してしまうと、悪徳業者などに悪用される可能性があるんです。悪徳業者と間違われないためにも、しっかりと実態の分かるウェブサイトを作っておきましょう。当然ながら、法人カードにも審査があります。申し込んだとしても落ちてしまうことも珍しくありません。

法人と個人では審査基準が異なる

しかし、法人と個人では審査基準がカード会社によって異なるので、諦める必要はないんです。1回目の申し込みで落ちたとしても、2回目、3回目で審査通過することもあります。法人ETCカードを申し込む際、カード会社によって枚数制限が異なるようです。10枚前後であれば問題ないのですが、それ以上になると枚数制限に引っかかって作れないこともあります。

法人ETCカードを申し込んだ後に枚数を考えるのではなく、必要な枚数を予めしっかり把握してから法人ETCカードを選ぶようにしましょう。ほとんどのカード会社では枚数制限について触れているかと思います。もし、触れていないのであれば何枚まで対応しているのかを問い合わせてみてもいいかもしれません。

1人1人に渡すわけではないので、よほどの大企業出ない限り10枚あれば使いまわしていけそうですけどね。あと、審査に通過するために電話番号も必要です。クレジットカードを作る時なども電話番号を記載するように言われるかと思います。

今や携帯電話の普及率はかなり高くなっているので、携帯電話で申し込むことも出来ますが、やはり固定電話の方が審査通過の可能性が高くなるようです。携帯電話はすぐに解約することも出来ますが、固定電話となると簡単には行きません。そういった面からも、固定電話の方が信用度は高いと言えるでしょう。会社で高速道路を使う機会が多いのであれば、法人ETCカードの導入を検討しましょう。

ETCカードが作れるおすすめクレジットカードhttps://年会費無料おすすめetcカード.biz/1811/で確認できますよ。

公開日

段ボール

今日は、昼前からお客さんが来るので、2歳の息子の相手をすることがあまりできませんでした。しかも、寝坊をしたので、洗濯、掃除、買い物とギリギリでした。とりあえず、洗濯物を干して、リビングだけ片付けて、掃除はルンバにおまかせしました。

ちなみに、リビングの隣の和室はおもちゃやら服やらでごちゃごちゃです。ここは扉を閉めて封印です。子どもが扉を開けることのないように祈りました。さて、買い物に子どもと行ったのですが、思った以上に時間がかかりました。

安売りに目移りし、明日から天気が崩れるようなので、その分の食材も買いだめて……などとしていると約束の時間の10分前になりました。大慌てで家に帰りました。もうすぐお客さんが来るので、夕飯の支度をするにも中途半端な時間なので、読書をしていました。子どもはパントリーで遊んでいました。

パントリーで遊ぶのはもう慣れっこだったので、特に気にせず、「あー、またなんかひっくり返しているな」などだけ、耳で聞いていました。そして、しばらくすると、かなり静かになりました。面白いものでも見つけたのかな、どうしたのだろうとのぞいてみると、鞄を収納している段ボールの中で、座ったまま寝ていました。

かなりしんどそうな体勢ですが、今日はいつもより早起きだったので、眠気が限界に来たのだと思います。スヤスヤ眠っていました。さすがにその体制ではかわいそうなので別室に移動させましたが、それでも熟睡。嬉しいですが、子どもの限界ギリギリまで遊ぶ体力に驚きです。

ちなみに、限界ギリギリまで起きていたエピソードといえば、夕食を食べながら寝てしまうことが多々あります。歯を磨きたいので無理やり磨きますが、そうすると目が覚めてしまいます。

しかし、1度だけ歯を磨いてそのまま寝てしまったことがありました。また、眠い、ごちそうさまと言って、自分で幼児椅子からおりて、和室にゴロンとしてそのまま寝てしまったこともあります。限界まで動けるのに、いつも驚かされます。

公開日

ねこ

私は無類の犬好きで、実家に住んでいた頃には犬を飼っていました。私が子供だった頃は迷い犬や捨て犬も今ほど珍しくなかったので、そんな行き場のないわんちゃんを保護していたこともあります。

しかし、小学校高学年から飼い始めたマルチーズが13歳で虹の橋を渡ってしまい、重いペットロスを経験してからは、怖くてうちにペットを迎えようという気持ちには到底なれなくなってしまったのです。

それが、近ごろになってやっと、愛しいペットと共に暮す幸福を諦めてしまうのはもったいないのではないかという気持ちがわき始めました。もちろん今でも、やがてくるペットとのお別れのことに思いが行ってしまうと恐ろしくなります。だからといって、ペットと生きる人生と無縁で過ごして、後悔はしないだろうかという考えに至りつつあるのです。

ただ、そう簡単に決めて、実行に移してよいものではありません。ペットを迎えることになると大きな責任が生まれますし、自分たちの生活も一変しますから。そこで、準備段階として我が家にペットを迎えると仮定し、ケーススタディをしてみることにしました。

すると、現在の住環境やライフスタイル、そして体力を考えると、わんちゃんよりもねこちゃんのほうが相応しいのではないかという結論に至ったのです。周りにはねこちゃんと飼っている友人知人が多いのですが、私自身は犬の飼育経験はあっても、ねこのケアについては知識がありません。

それに、犬派か猫派かと問われれば、迷わず即座に犬派と答えるほどの犬好きの私です。今までねこちゃんには深い興味を抱かないまま生きてきました。それが事情が変わったため、俄然、ねこちゃんに興味がわき、今ではスキマ時間が生まれると、ねこちゃんの飼い主さんたちが運営してらっしゃるねこブログを熱心に巡回する日々なのです。

ねこちゃんはわんちゃんとは違って一般的にクールで、飼い主さんたちに甘えることなどないのではという先入観を持っていたのですが、それは大きな誤りだと知りました。確かに中には、家族の誰かに全く懐かず、毛を逆立てて身構えるようなねこちゃんもいるようです。

しかし、そんなケースは例外で、巷のねこブログには飼い主さんとねこちゃんたちの愛情あふれる幸福な生活の様子が綴られています。そんな記事を読んでいると、うらやましくてたまらなくなってしまいます。

とはいえ、ペットを飼うということは、やはりそう簡単に実行に移すことは許されることではないと思うので、しばらくはねこブログパトロールで我慢しつつ、ねこちゃんとの良縁を待っている毎日なのです。

公開日

引っ越し

先日、新しい家が決まったため引っ越しに向けて色々と準備を進めています。例えば、使わないような不用品は少しづつ処分したり、新居で使うものについてはダンボール箱に詰めたりしています。家にはたくさんのダンボール箱を置いてあったので、物を整理して箱に詰めるといった作業が捗るので良かったなと思います。

インターネット通販などで買い物をした時に送られてきたダンボール箱をかなり取っておいたので助かりました。なかなか今の時代、ダンボール箱を大量に無料で手に入れるのは難しいと思います。今日も荷物をダンボール箱に詰める作業などをして、とりあえず先ほどひと段落しました。

私物に関しては一通り整理が終わり、残りは仕事用のパソコン類とテレビぐらいです。引っ越しをする日にちまで、まだ数ヶ月程期間があるので焦る必要はありませんが、出来るうちから準備をしておけばゆとりが出来ていいかなと思っています。部屋を片付けていると、昔に探していたものが見つかったりするので面白いです。また、最近は以前と比べると大分涼しくなってきたので作業がとても捗ります。

数日前までは少し作業をしただけですぐに汗だくになってしまい大変でした。これからは寒い季節になりますが、体の調子を崩すことなく、家族みんなで無事にトラブルもなく引っ越しが出来るといいなと思っています。

実際のところ、私自身は引っ越しをすることが初体験です。ですので、引っ越しに関しては分からないことだらけでとても不安です。また、引っ越し先で上手く生活していけるだろうか、新しい土地先で慣れ親しむことはできるだろうかといったような不安があります。

それと同時に、新しい環境での楽しみといったようなこともあります。例えば、新しいお店を見つけたり、色々な所を巡ってみたいと思っています。確かに引っ越しに向けての不安要素もありますが、期待や楽しみなどもたくさんあるので頑張っていこうと思っています。

公開日

家族 結婚したら相手の家族との付き合いが始まって、周りの友達の話とか聞いているとあまり上手くいってなかったりなにかしら不満があったりしますが、そりゃ他人同士ですもん不満はあって当然だと思います。

自分が好きで結婚した旦那にさえも不満があったり喧嘩をしたりするのに、その家族ともなれば当然だと思うのに、最初から色々期待し過ぎな人ほど、そのギャップに悩んでるんじゃかいかなと思ってます。

私は結構最初からある程度の距離感とか無理な事は無理だと伝えたり、必要以上にいい嫁だと思われないようにしていました。最初に頑張り過ぎるとそのギャップに悩んだり自分自身も疲れたりするし、相手方も完璧な人なんだ!と思えば色々頼み事をしてきたりするかもしれないし、向こうのペースに持って行かれるんじゃかいかなというのも思っています。

もちろん、それで良ければいいんでしょうけど、私自身合わせたり自分の意見とか考えとかを全く言わない!というのは無理な性格なので最初からそういうつもりはなかったです。嫌な事。

うちの場合例えばですが最低でも月一での訪問プラスお泊りでした。最初は月一とも分からないし、こんなものなのかな?くらいに考えて行ってましたが行くたびに泊まりだし泊まらなければ来なくていいよ!と言われてしまいました。

それで、ん?と思うようになり、だったら泊まらない!という風に考えるようになりました。月一会ったりするのはまだいいけど、毎回泊まりとなるとこちらも仕事の都合とかあるし、泊まれない時もあります。

なので、それを期待されるのは少し嫌だったのと、そうなると気軽に顔を覗かせに行けなくなるから、泊まりをしない!というスタンスで遊びにいくようになりました。

半年くらい続けると、あぁ!この子は泊まらないんだな!と分かってもらえたので、そこからは泊まりの話はしなくなりました。可哀相とかの意見もあるかもしれないですが、そうやって意思表示するのも大切な事だと私は感じてます。長い付き合いだからこそ、譲れない事はちゃんと伝えるようにしています。

公開日

久しぶりにオモチャのわたあめ機を出してお家でわたあめパーティーをしました。主人の姉からお下がりでいただいたオモチャで姉の娘さんはもう女子大生なのでかれこれ10年ものになります。壊れていないし、しょっちゅう使うものではないし、子供は喜ぶしで有難く思っています。しかし思った以上に子供が喜ぶのが問題なんです。

うちの娘はお祭りに行くと必ずわたあめを欲しがるので、わたあめ機を買ったやろうかと思っていたグッドタイミングでいただきました。しかし何しろ古いせいか使用後のお手入れはドライバーでネジを外してバラして洗わないといけないのでとても面倒くさくて気軽に利用できないんです。

最近の機械のお手入れ方法までは知らないのですが、グラニュー糖を入れるだけではなくキャンディーを入れて色んな色のいろんな味のわたあめが作れるとCMをしているのを見ました。

この年季の入ったわたあめ機をもらわなかったら今頃そういうトレンディーなわたあめ機を買っていたんですよね。なまじあるだけに新しいものを買うのも勿体無くてモヤモヤしてしまうんです。

娘がやたらとわたあめが好きで、他のすぐ飽きるオモチャと違って思い出したようにわたあめを作りたがるんです。面倒くさいだなんて思っちゃいけませんよね。綺麗な色のわたあめはお祭りの時に買ってやれば良いわけですから。

でもレジャー施設でレインボーなわたあめを売っていてものすごく欲しがられたんですけど、700円もして買ってやる気になれませんでした。自宅でわたあめを作れるだけに材料は砂糖だけなんだよねと原価を考えたりしちゃうんですよ。

子供の喜ぶ顔は見たいのですが、ケチ心もあるので、何でも欲しいものを与えるのは教育上良くないなんて自分の中で正当化しています。文句を言いつつ、わたあめ機を使うと部屋の中いっぱいに甘い香りがして幸せ気分になれます。月一くらいで活躍しているので無駄に光ったり音が出るゲームっぽいオモチャより良いものだなと思っています。

公開日

電気

私は生まれた時から家電が揃っていて、電気がある生活が当たり前に思って育ってきました。しかし、自然災害などライフラインが止まってしまうと、電気がすぐに使えなくなってしまいます。

場合によっては、しばらくライフラインが使えない生活が続くこともあります。そのような時、どのように生活をしていけば良いのかということを時々考えることがあります。

電気などのライフラインは昔からあったわけではなく、人間が発明してきたものです。しかし、それ以前ではライフラインがないのが当たり前で、他の方法を工夫して生活してきたと思います。

水は自然の物を利用してきたと思いますし、火も自分たちで火を起こして浸かってきたと思います。しかし、電気は全くなかったわけです。灯りは火を利用していたと思います。その為、日が昇ってから活動し、非がしずむと活動を止めて休むという生活が当たり前でした。

今では電気のおかげで、24時間眠らない生活ができるようになりました。余りにも当たり前のようにある電気ですが、やはり時には電気が使えなくなった時のことを想定して生活してみるのも良いのではないかと思っています。

大規模な自然災害が起こってしまうと、ライフラインはすぐに止まってしまい、使えなくなってしまいます。しかし、日頃からライフラインに頼らない生活の知恵があれば、それほど慌てることもないような気がします。

もちろん生活は不便にはなりますが、有るのが当たり前という概念ではなく、無くても何とかなることが分かっていたほうが、気持ちの面では大きく違ってくると思います。

現代社会は電気がないと何もできないような状況になっています。AI化が進めば、ますますそのような状態になっていくでしょう。しかし、アナログでのやり方を忘れてしまっている、またはわからない状態ではあらゆるリスクを回避していくことは難しくなってしまうと思います。

私は最近、家事の面でなるべく電気を使わないように心がけています。節約の面もありますが、もっと大きな何かを知るためでもあるような気がしています。

公開日