コンテンツへスキップ

法人でETCカードを用意する方法と利用前の注意点

ETCカード

仕事でETCカードを使う時、自分のものを使わなくてはいけないのかと考えることはありませんか?実際仕事に関することで自分に請求が来るのは、会社から代金を貰えるとしても気分は良くないですよね。

そのため、高速道路の利用頻度が高い企業などは、法人用のETCカードを用意していることが多いようです。仕事でETCカードを使う場合、個人のものを使うと会社のお金でポイントが入手できるということがあります。

法人ETCカードの利用が増加

これは企業的にも良くないことなので、法人用のETCカードを用意する企業が増えています。企業が法人用のETCカードを使うメリット、それは経費削減と経費精算の簡素化です。ETCカードが出てくる前は、高速道路の料金もまずは自分が支払って領主書を経理に渡すというものでした。

はっきり言って、かなり無駄が多い作業ですよね。でも法人用のETCカードを取り入れることで、割引による経費削減、経理の面倒な処理なども軽減出来ます。高速道路を使う側も、わざわざ領収書を取っておいて経理に出すという手間がなくなるんです。

ちなみに、OL時代に領収書を失くして自腹になったことがありました。意外とこのようなトラブルは多かったみたいですね。でも、ETCカードを取り入れることで領収書を失くすという心配もありません。

企業としては、ETCカードを導入することで交通費の誤魔化しを防ぐことも出来ます。昔は高速料金として事前に渡す会社もあり、それを懐に入れるために地道で取引先に向かうという人もいました。これは気軽に考えている人もいるかもしれませんが、横領になるので犯罪なんですよね。

そういったことを防ぐために、ETCカードを導入している企業もあるようです。ただし、法人ETCカードを申し込むためにはちょっとした注意点があるみたいですね。申し込み前にウェブサイトが必要ということです。法人=会社なので、本当に実在している会社なのか、実態が分かるウェブサイトが必要です。

ウェブサイトなしで審査を行って登録してしまうと、悪徳業者などに悪用される可能性があるんです。悪徳業者と間違われないためにも、しっかりと実態の分かるウェブサイトを作っておきましょう。当然ながら、法人カードにも審査があります。申し込んだとしても落ちてしまうことも珍しくありません。

法人と個人では審査基準が異なる

しかし、法人と個人では審査基準がカード会社によって異なるので、諦める必要はないんです。1回目の申し込みで落ちたとしても、2回目、3回目で審査通過することもあります。法人ETCカードを申し込む際、カード会社によって枚数制限が異なるようです。10枚前後であれば問題ないのですが、それ以上になると枚数制限に引っかかって作れないこともあります。

法人ETCカードを申し込んだ後に枚数を考えるのではなく、必要な枚数を予めしっかり把握してから法人ETCカードを選ぶようにしましょう。ほとんどのカード会社では枚数制限について触れているかと思います。もし、触れていないのであれば何枚まで対応しているのかを問い合わせてみてもいいかもしれません。

1人1人に渡すわけではないので、よほどの大企業出ない限り10枚あれば使いまわしていけそうですけどね。あと、審査に通過するために電話番号も必要です。クレジットカードを作る時なども電話番号を記載するように言われるかと思います。

今や携帯電話の普及率はかなり高くなっているので、携帯電話で申し込むことも出来ますが、やはり固定電話の方が審査通過の可能性が高くなるようです。携帯電話はすぐに解約することも出来ますが、固定電話となると簡単には行きません。そういった面からも、固定電話の方が信用度は高いと言えるでしょう。会社で高速道路を使う機会が多いのであれば、法人ETCカードの導入を検討しましょう。

ETCカードが作れるおすすめクレジットカードhttps://年会費無料おすすめetcカード.biz/1811/で確認できますよ。